整理と雑記

気が向いたら書く

零奈(写真の子)の正体に関する公開情報【五等分の花嫁/春場ねぎ】

週刊少年マガジンで連載中の『五等分の花嫁』の登場人物の1人である「零奈」の正体に関する公開情報を整理する。

零奈とは

零奈は本作の主人公である上杉風太郎(以下、風太郎)が小学生時代の修学旅行中に京都で出会った女の子である。彼女との出会いをきっかけに「誰かに必要とされる人間になる」ことを決意し勉学に励むようになった。

写真

風太郎は零奈との出会いを特別なものとして大切にしており、5年経った現在でも零奈との2ショット写真を大切に所持している。写真に写る零奈は中野家の五つ子の見た目と一致しているため、彼女たちのうちの誰かが零奈であるものと思われる。

f:id:satoec5:20190119222407p:plain
引用元:五等分の花嫁 第14話(第2巻収録)

再会

風太郎と零奈は第41話〜第42話で5年ぶりの再会を果たす。

その際の零奈の言動と行動は以下になる。

  1. 名前を訊ねた風太郎に対して「零奈」と名乗った。
  2. 風太郎が五つ子の家庭教師をしていることを知っていた。
  3. 風太郎が生徒手帳に入っている5年前の写真を奪い取った。
  4. 五つ子に対する評価を耳にした際に顔を赤らめた。
  5. 別れ際に5年前に京都で買ったお守りを風太郎に渡した。(後述)
  6. 風太郎の元にはもう2度と現れないと宣言した。

零奈が現れた理由

零奈が突如として風太郎の前に現したのは、本人曰く「今の君に会うため」とのことだった。これは上杉風太郎という人物の過去と関わってくるものになる。

失恋

小学生の頃の風太郎はガキ大将気質でガラの悪い少年だったが、学級委員の少女「竹林」に恋していた。しかし修学旅行中に彼は馬鹿にしていた内気で真面目な学級委員の少年「真田」と「竹林」が幼馴染であり家族ぐるみの付き合いであることを知ってしまう。

自信を喪失し、グループ行動から外れてしまった風太郎を孤独から救ったのは零奈との出会う。彼女からもらった「君が必要だもん」という言葉に彼は救われたのだ。

f:id:satoec5:20190124022557p:plainf:id:satoec5:20190124023427p:plain
引用元:五等分の花嫁 第34話(第5巻収録)

お守り

風太郎と零奈が出会った際に学業守りを5人分購入していた。その際に零奈は「自分がみんなのお手本になる」という思いを風太郎に伝えている。 風太郎はこの言葉の影響を受けており、五つ子に対する態度にも表れているようである。

f:id:satoec5:20190120135043p:plainf:id:satoec5:20190120164137p:plain
左 引用元:五等分の花嫁 第35話(第5巻収録)
右 引用元:五等分の花嫁 第39話(第5巻収録)

告白

風太郎が勉学に励む理由を直接語ったのは零奈と再会する2日前である。風太郎は自分が勉学に励む理由が零奈との出会いにあることを五月に語った。同時に草むらに誰かが潜んでいたような描写もされた。零奈はこの会話を通して自分が風太郎の枷となっていると感じ、彼が自分のことを追わないように再会を決意したものと思われる。

f:id:satoec5:20190201004422p:plain
引用元:五等分の花嫁 第41話(第5巻収録)

零奈と再会する前後で発生した出来事

風太郎が零奈と再会する前後で発生した出来事を整理する。

再会する直前に発生した出来事は以下。

  1. 五月と二乃が衝突し、2人ともマンションを出て行く。
  2. マンションから出て行った後に五月は四葉と出会いスクールバックを取りに行ってもらう。
  3. 五月が上杉家に泊まる。
  4. 五月が風太郎に五つ子の過去と自分の母親への想いを語る。
  5. 風太郎が五月に自分が勉強する理由を語る。

再開直後に発生した出来事は以下。

  1. 風太郎が部活中の四葉に出会う。
  2. 風太郎が二乃と会い、自分の過去と再会した時のことを打ち明ける。
  3. 二乃が四葉の悩みを解決し、五月と仲直りする。

名前の由来

第68話にて五つ子の母親の名前が「零奈」だったことが判明した。零奈は自身の母親の名前を風太郎に名乗った形になる。

f:id:satoec5:20190225203644p:plain
引用元:五等分の花嫁 第68話(第6巻収録)

両親の関係

第68話にて風太郎の父親と五つ子の父親が旧知の仲であることが判明した。これによって風太郎と五つ子が京都の修学旅行以外で出会っていた可能性が浮上した。

f:id:satoec5:20190127150727p:plain
引用元:五等分の花嫁 第68話(第6巻収録)

第23話にて二乃が5年前の風太郎に見覚えがあるとした描写があるが、この事実から二乃と零奈を結び付けるものだとは断言できなくなった。また、第66話にて四葉が仲良くしなかった子と一花が先に仲良くなったという思い出が語られ、四葉が仲良くしたかった子が風太郎である可能性が浮上した。

f:id:satoec5:20190129210138p:plainf:id:satoec5:20190225202013p:plain
左 引用元:五等分の花嫁 第23話(第3巻収録)
右 引用元:五等分の花嫁 第66話(第8巻収録)

このエピソードに関してはこちらの記事にも記載。

seiritozakki.hatenablog.com




以下はKindleへのリンクである。

Kindle

五等分の花嫁(1) (週刊少年マガジンコミックス)

五等分の花嫁(1) (週刊少年マガジンコミックス)