整理と雑記

URL変更中のためEntry is not foundになりがち

『武装少女マキャヴェリズム』と『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』との繋がり

『武装少女マキャヴェリズム』は同作者の作品である『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』と世界観を共有しているので整理していく。

※一部ネタバレが含まれる。

時系列

3作品を時系列順に並べていくと以下のようになる。

  1. しなこいっ
  2. 竹刀短し恋せよ乙女
  3. 武装少女マキャヴェリズム

『しなこいっ』が連載再開時に改題したものが『竹刀短し恋せよ乙女』であるのでこの2作品の時系列は同じになる。

『武装少女マキャヴェリズム』は『竹刀短し恋せよ乙女』から3〜4年後あたりであることが推測される。根拠は以下。

  • 『竹刀短し恋せよ乙女』最終話で小学生になる因幡月夜が『武装少女マキャヴェリズム』では飛び級で「私立愛地共生学園」に入学している。
  • 『竹刀短し恋せよ乙女』最終話で高校1年になる鳴神虎春が『武装少女マキャヴェリズム』では既に高校を卒業している。
  • 『竹刀短し恋せよ乙女』最終話で高校3年になる榊龍之介が『武装少女マキャヴェリズム』では進学中であることが語られている。

複数の作品に登場する人物

因幡月夜

竹刀短し恋せよ乙女:番号持ち「三番」として登場。初登場は3巻。
武装少女マキャヴェリズム:天下五剣の1人として登場。初登場は1巻。

エヴァン・M・ローゼ

竹刀短し恋せよ乙女:因幡月夜のメイドとして登場。初登場は3巻。
武装少女マキャヴェリズム:女子寮「貞淑寮」の寮母長を務める。初登場は3巻。

藤林祥乃

しなこいっ:番号持ち「七番」として登場。初登場は上巻。
武装少女マキャヴェリズム:私立愛地共生学園の学園長として登場。初登場は5巻。

鳴神虎春

しなこいっ:番号持ち「二番」として登場。初登場は上巻。
武装少女マキャヴェリズム:私立誇海共生学園の学園長として登場。初登場は6巻。

榊龍之介

しなこいっ:番号持ち「四番」として登場。初登場は上巻。
武装少女マキャヴェリズム:鳴神虎春によって進学をしていることが語られる。

血縁関係・主従関係

『武装少女マキャヴェリズム』では前作『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』時点でのキャラクターの関係性は特に言及されないものの引き継がれているようである。

榊龍之介・鳴神虎春・因幡月夜は異母兄妹にあたり、それぞれの従者である藤林祥乃・エヴァン・M・ローゼはそれぞれ面識がある。

そのため『武装少女マキャヴェリズム』では学園長である藤林祥乃は納村不道の監視を依頼するという経緯が存在する。

相関図は以下にようになる。

f:id:satoec5:20170505081728p:plain

示現流

『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』において示現流と雲耀が中心となって物語が進行する。『武装少女マキャヴェリズム』においてもその設定は引き継がれている模様。

納村不道と示現流

『武装少女マキャヴェリズム』第5巻にて納村不道は因幡月夜と同様に示現流の教えを受けていたことが判明する。

そして、示現流の足さばきを独自にアレンジして「魔弾」を生み出したこともまた判明する。納村不道に示現流を教えたのが誰なのかは現状不明であるが今後明かされていくことだろう。

3つ目の雲耀

『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』においては雲耀は榊辰子が完成させた「雲耀【疾風】」と鳴神寅が完成させた「雲耀【迅雷】」の2つとされていた。

しかし『武装少女マキャヴェリズム』第5巻にて因幡月夜が新たなる雲耀である「雲耀【瞬光】」を完成させていたことが判明する。

これで鳴神忠勝から始まる榊家、鳴神家、因幡家のそれぞれの血筋が雲耀を受け継いだことになる。




以下は公式サイトとKindleへのリンクである。

公式サイト

しなこいっ・竹刀短し恋せよ乙女

 u‚µ‚È‚±‚¢‚Á v?Љîƒy [ƒW『しなこいっ』紹介ページ

武装少女マキャヴェリズム

武装少女マキャヴェリズム|KADOKAWA武装少女マキャヴェリズム|KADOKAWA

Kindle

完全版 しなこいっ(上) (角川コミックス・エース)

完全版 しなこいっ(上) (角川コミックス・エース)

竹刀短し恋せよ乙女(1) (角川コミックス・エース)

竹刀短し恋せよ乙女(1) (角川コミックス・エース)

【電子版】武装少女マキャヴェリズム(1) (角川コミックス・エース)

【電子版】武装少女マキャヴェリズム(1) (角川コミックス・エース)