整理と雑記

気が向いたら書く

命を選ばなかった二ノ国

2019年8月23日「二ノ国」という映画が公開されたので見に行ってきた。

wwws.warnerbros.co.jp はじめに言っておくとこの映画は面白くなかった、と思う。細かいところに突っ込み始めるとキリがないので、この作品のテーマである「命を選べ」という点に絞って感想を書いていく。原作は未プレイ。ネタバレは含まれる。

あらすじ

まず、あらすじを見ていく。

頭脳明晰で、心優しい秀才のユウ。
バスケ部のエースのハル。
そしてハルの恋人コトナ。
同じ高校に通う幼なじみの3人は、かけがえのない親友だった。
突然の事件が起きるまでは…。
ある日突如ユウとハルが迷い込んだ見知らぬ場所、そこは想像を超えた魔法の世界「二ノ国」。
現実(一ノ国)と隣り合わせにある、この美しく不思議な 世界で、2人はコトナにそっくりなアーシャ姫と出会う。
どうやら二ノ国には、一ノ国と命が繋がっている"もう1人の自分"がいるらしい。 アーシャ姫に死の呪いがかけられたことをきっかけに、ユウとハルはふたつの世界に残酷なルールがあることを知る。
二ノ国で尽きるはずの命を救えば、 一ノ国の人間がその代償を払うことになるというのだ。 そして二ノ国ではアーシャ姫が、一ノ国ではコトナが、死の呪いにかけられていた…。 ふたりの彼女、救えるのはひとつの命。
明るく健気なアーシャ姫を守りたいユウと、コトナを助けたいハルに突き付けられた残酷なルール、ふたりが下した<究極の選択>とは…。
「愛する人を救うために<命>を選べ。」
映画『二ノ国』オフィシャルサイト

ヒロインのコトナとアーシャの命がリンクしていること、2人の命をめぐって親友同士のユウとハルが対立すること、があらすじから読み取れる情報である。命がリンクしていた場合この設定は矛盾してしまうのだが、残酷なルールによってどちらか一方しか助けられない状況に陥るのだろうと私は思っていた。

死の呪い

映画の内容に触れていく。

ある日、コトナは通り魔に刺されて命の危機に瀕してしまう。その姿を見て困惑する2人だったが、わけのわからぬまま二ノ国に行ってしまう。二ノ国でコトナを探していた2人は彼女そっくりのアーシャ姫を見つけ、コトナなのかどうかを確かめに行くために城に忍び込んでいく。城の中で2人が目にしたのは死の呪いで命の危機に瀕したアーシャ姫の姿だった。

命を選ぶ要因になりそうだったアーシャ姫の死の呪いだったが、その問題はあっさり解決してしまう。何の緊迫感もなくユウが何となく呪いの元凶になっていた短剣と引き抜くことで解決してしまう。拍子抜けも良いところだった。死の呪いは命を選ぶこととは絡まなかった。

コトナの余命

その後、姫の命を救ったにも関わらず国王にスパイ容疑をかけられてユウとハル。ユウは一ノ国に帰るという起死回生の一手を思いつき、一ノ国に帰ることに成功する。

一ノ国に帰ったユウとハルはコトナが余命3カ月だということを知らされる。これが命を選ぶ要因となるのだが、2人が対立するまでの過程が余りにも雑だったように思う。

まず、ユウの主張は以下になる。

2人の命は繋がっている。自分が呪いを解いたからコトナが元気になった。コトナに余命が迫っているのだとしたら、二ノ国のアーシャ姫の命が危ない。姫を救わなければ。

一方でハルの主張は以下になる。

命が繋がってるのだとしたら、どちらかしか生きられないということじゃないか。アーシャ姫を救ったからコトナは死にそうなんじゃないのか。自分はアーシャ姫を殺すつもりだ。

私は怖いと思った。ハルが。そもそもハルの理屈が正しいとすればコトナが命の危機に瀕していた時にアーシャ姫は元気じゃないとおかしいわけである。それに仮にユウの主張が正しかった場合、コトナは確実に死んでしまう。ハルはまだ何も解明されていない状況で決め打ちで人を殺そうとしているのである。

悪役に騙されて親友の2人が対立するという話はお決まりのパターンであり、ヘイトの対象は悪役に向くのだが、今回の場合そうではない。これは2人の仮説であり想像である。私はハルが想像で人を悪と決めつけて殺そうとするという危険な思想の持ち主にしか見えなかった。

現実逃避

ハルは黒幕であるガバラスに吹き込まれて、ガバラスの軍とともにアーシャ姫を殺そうとする。戦争が始まった。ハルは次々と敵を薙ぎ払っていき、取り返しのつかない状況に陥ってしまった。そんな非情なハルは二ノ国での出来事はすべて夢だと思い込もうとしていた、というエクスキューズがつけられた。そうか、じゃあしょうがないな、とは全くならない。私にはハルが妄想に取りつかれて人を殺し、挙句の果てに責任から逃れようとしているように見えていた。やがて、ハルはユウと対峙し親友である彼ですらも手にかけようとする。

グラディオン

やがて黒幕がガバラスであることが判明し、ユウの主張が正しかったことが証明される。本来ならここでガバラスにヘイトが向くはずなのだが、ハルがこれまでに行ってきた所業の発端が彼の妄想であるため、かなり釈然としない。そんな心にしこりを抱えた状態でガバラスとの最後の戦いが始まる。ここで唐突にグラディオンという伝説の剣とユウが手に入れる。それは選ばれた者しか使えないようである。ガバラスとの戦いのクライマックスにはユウではなくハルがグラディオンを使ってとどめを刺した。

????????????????

何故ハルがグラディオンを使えたのか。後に理由は説明されるのだが、それを聞いても納得はいかなかった。いや、この人は私欲のために人を殺そうとしたけどそんな人が選ばれし者で良いのか?と思った。

命を選べ

ガバラスは滅び、終幕を迎えるのだが結局「命を選べ」とは何だったのか?ということを考えると全く分からない。確かに人の生き死には物語の中で発生した。しかし、それは主要人物は死なずそれ以外の多くの人は漏れなく死んでいったということでしかなかった。多くの人が自分の命を選べずに死んでいった。そういう物語だったな、と思った。