整理と雑記

URL変更中のためEntry is not foundになりがち

【ネタバレ】ランウェイで笑ってのあらすじ

週刊少年マガジンで連載中の「ランウェイで笑って」の内容を整理していく。途中から第2話までのネタバレあり。

最終更新日:2017年6月12日

あらすじ

ひと握りのトップモデルのトップモデルのみが参加を許されるファッションの祭典「パリ・コレクション」

幼き頃からその舞台に憧れた「藤戸千雪」は小学4年生時に158cmに達し、将来が有望視されていた。

そして8年後、高校3年生になった彼女はそれから身長が1cmも伸びず158cmのままであった。

所属していたモデル事務所「ミルネージュ」からクビを宣告されながらもモデルを目指し足掻き続けていた彼女はひょんなことからクラスメイトの「都村育人」の夢が「ファッションデザイナー」であることを知る。

千雪は家庭の事情からその夢を諦めざるを得ない育人との交流を通して自分の本当の夢に気付くことになる。

そして、千雪は育人に「自分が一番魅力的に着れる服」を依頼し、再び「ミルネージュ」のオーディションに挑む。

これは「藤戸千雪がトップモデルに至るまでの物語」

作者の経歴

猪ノ谷言葉

2016年:「星に願いを」にて第95回週刊少年マガジン新人漫画賞の特選受賞

2017年:週刊少年マガジンにて「ランウェイで笑って」の連載開始

登場人物

藤戸千雪(ふじとちゆき)

本作の主人公。幼き頃からパリ・コレクションに憧れ、スーパーモデルを目指す少女。スタイルは申し分ないが身長が158cmで止まっておりパリコレの舞台に立つことは絶望視されている。モデル系の事務所「ミルネージュ」に所属していたが、高校1年時に社長である父親との衝突をきっかけにクビになってしまう。「口に出してなんぼ」を信条としており、何でも口に出してしまうためデリカシーに欠ける一面もある。

都村育人(つむらいくと)

千雪のクラスメイトの少年。手芸部に所属しており、部員が1人ながら服を作り続けていた。ファッションデザイナーを目指しており専門学校を進路希望としていたが、経済的な理由から就職へと思い直すことになる。葵、ほのか、いち花という3人の妹がおり兄妹仲も良好である模様。

雫(しずく)

ミルネージュから初めてパリ・コレクションの舞台に立ったモデル。千夏がモデルを目指すきっかけとなった人物の1人である。現在はモデルを引退しミルネージュの社員として働いている。

藤戸研二(ふじとけんじ)

モデル系事務所「ミルネージュ」の社長。自身が身を置くファッション業界に関してシビアな目を持っているが、それが原因で千雪と確執が生まれてしまう。




以下の内容はネタバレが含まれる(2話まで)





以下はKindleへのリンクである。

Kindle

週刊少年マガジン 2017年26号[2017年5月31日発売] [雑誌]

週刊少年マガジン 2017年26号[2017年5月31日発売] [雑誌]

  • 作者: 猪ノ谷言葉,流石景,勝木光,前原タケル,若林稔弥,瀬尾公治,鈴木央,大今良時,寺嶋裕二,真島ヒロ,オクショウ,渡辺静,大久保篤,氏家ト全,和久井健,あわ箱,宮田大輔,安田剛士,椿太郎,五十嵐正邦,永椎晃平,中島諒,CLAMP,HI‐AX
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/05/31
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る